2020年3月

読書memo #1

青空文庫にて、有島武郎 著「惜みなく愛は奪う」を読んでいるが、しかしあまりにも難しく…読みすすめるのに非常に苦労している。 半分ほど読み終えたが、うまく理解できているのか果たして怪しいので、ここまでの内容を一旦全て整理してみることにした。要点を致命的にすっ飛ばしたり、あるいはアホみたいな解釈違いも無いとは言い切れないので、原文を読める読解力の持ち主は絶対にそうした方が良いと思う。 以下 […]